2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

リンク

無料ブログはココログ

2013年3月 6日 (水)

薫り華やぐ恵比寿ビール

はい。見て即買いしました

先月発売の薫り華やぐ恵比寿ビール。
なんでもフレンチの巨匠とコラボしたとか。
缶のデザインが可愛い。
201303042119000
中身は濃すぎず薄くもない綺麗な小麦色。
お味は、とってもフルーティーな薫り
エビスっぽくないですが、軽くて飲みやすく
私は非常に好みでした。うまい!!!
軽めの華やかなビールがお好きな方は、ぜひお試しあれ。
good
余談ですが・・・
えびすビールはぱっと見で判らないですが
サッポロビールですよね。
先日札幌へ出張の際、
「サッポロビール博物館」を横目にみて、ふと疑問に思いました。
「エビスビール」は東京の恵比寿という地名にもなりながら、
また、あの駅では電車もCM曲が流れるというのに、
母体はサッポロビール・・・・?う〜〜ん。
そこで検索したら、かなり昔に合同会社になったようですね
どちらも歴史ある酒造メーカーであることは間違いないようです
こちらは、
サッポロの発泡酒「北海道プレミアム」
201303062137000
ウチのジョッキでいただきました。
美味しい本物のビールを飲んだあとは、
後味の薫りや、香ばしさはやはり劣りますね・・・
匂いもやけに甘ったるいような・・・。
・・・でも、
松嶋奈々子は好きなので全部Okです。
20120712_2449684

2013年3月 4日 (月)

2度目の産卵

じきに春ですね。

先日、うちのミドリさんが
2個目のタマゴを産卵しました。
まだまだ寒い中、換羽も始まっています
寒そうなミドリ様・・・・
妊娠中は急に元気がなくなります。
201303031448001
すっかりしおらしくなったミドリ様。。
もともとは南アフリカ出身なので
防寒グッズは欠かせません
ウチで愛用しているのがペットヒーターです
こんなの↓
1232_1
今冬はこれでもまだ寒そうなので、
犬用ヒーターを追加予定です。
産卵後のミドリ様↓
201303031522000
すっかり凶暴性を取り戻しました
あんしん あんしん。
ちなみに彼女がかじりついているのは、
雑貨屋で600円くらいで購入した
レンコン型コースターです。
Unknown
結構気に入ってます・・・・
竹製で・・・・・・
201303031448000
そろそろ返してくださいミドリ様・・・

2013年2月28日 (木)

活タコの踊り食い。魚蛸バールへ

北新地にある 魚蛸バール「オクトヤ」にいってきましたsun
その名前のとおり、蛸が主役です。明石の蛸らしい。
これは、メニューの「オクト焼き」・・・ん?

201302271929000

要するにたこ焼きですね!
表面がカリッとしてて美味しかった!
「銀だこ」スキな人には絶対美味しいたこ焼きですshine
ソースと、塩、好きな方をつけてたべるスタイルです。
そして・・
活け蛸の踊り食い!をオーダー。
店主っぽいおじさまが、横の水槽から、蛸さんをつまみ出します。
ぐにぐにと動く蛸・・・
(写メのブレぐあいから暴れっぷりを想像してください)
201302271933000
この1枚が、彼の生前の最後の写真となりました。
201302271935000
裂断されたタコ足です。(頭など残りは塩焼きにしました)
5分くらいはぐにぐにぐにぐにと動いていました
レモンをしぼると、さらに暴れます。しみるのでしょうね・・
醤油におろし生姜を加えた調味料をつけ、
いただきます。
吸盤が皿にくっついてなかなか取れません
口に入れると、舌や口内のウラを吸盤でキュポキュポ吸われます・・・
う〜〜ん 不思議な食感・・・
かなり弾力がありました。
新鮮で美味しいけど、食感が不思議すぎてあまり味の記憶が残ってませんbearing
・・・・ありがとう明石蛸。

2013年2月24日 (日)

リフト恐怖症克服

昨年と同じスキー場へ、ひそかに今年も行って来ました

長野県の「白馬五竜」スキー場です。
前回は、山の上の方はけっこうな吹雪で断念し、
そそくさと降りていたのですが、今回は快晴でしたshine
201302231032000
スノーボード 人生2回目ですscissors
コースは、日帰りの強行プラン。
金曜夜に仕事後、なんばより夜行バスで出発→早朝にスキー場へ到着
一日すべって、その日の夜にバスで出発→日曜早朝になんば着、という
昨年同様のしんどいプランです。
ただ、昨年に「こうしとけば良かった」という点を補っていったので
結構すんなり行けました。
改善点1
エアピローを装備
Images1
これだけで首への負担が嘘のようです。
夜行バスには必需品ですね
※忘れた場合でも、サービスエリアなどに結構売ってます。
改善点2
ヒッププロテクターを装備↓こんなの
Images
これはスノボ初心者には命綱ですね!
昨年はこれがなくて、お尻が火を噴き後悔しました。
スノボ初心者は必ず必ず必ず装備!NO装備,NO LIFEとあらゆるパンフレットに
書いておいて欲しいくらいです。
装備品のおかげもあり、集中してスノボを楽しめました
昨年の人生初スノボではリフトを降りる瞬間が恐ろしく、
降りる時に100%すっ転び、リフトまで止めてしまいましたが。。。
今年はなんと、30%までに激減。
リフトを止めてしまう事故も起こりませんでしたcatface
スノボの腕前は、相変わらず木の葉とターンもどきしかできませんが・・・
毎年行って、上達する予定です。
あわよくば今年も最後にもう一回いきたいな〜〜

2013年2月16日 (土)

ベルセルク3作オールナイト上映会(18禁)

行ってきました!!!

先輩に教えていただき、素晴らしいチャンスに巡り合えました。

ベルセルクのオールナイト上映会!lovely

昨年から公開されているアニメ映画ですが、二月より第三部が

上映開始となり、そのイベントとして、一夜限りの、3部まとめて上映会が

梅田ブルク7で催されました。上映時間は午後10時30分から翌朝5時半まで。

会場では不死のゾッドさんが床からモリっと出ていました。

けっこうな迫力・・・!

201302152219000

原画や、ドラゴンころしの剣が展示されていました

剣は想像よりだいぶでかかった・・・

体がすっぽり隠れてしまうくらいの長さと幅です。

全裸で剣一本のシーンがあるんですが、なるほどねって感じです(?)。

201302152220002

観客は半分以上は意外と女性客。一部は声優さん目当ての様子です。

作品の合間に、声優さんが登場し、黄色い歓声がチラホラ。

始終にぎにぎしい雰囲気でした。

映画自体は、18禁なだけあって生々しい仕上がりに。

本作の大きな見せ場である「蝕」を、実に凄惨に描いてありました・・・

ガッツのブチ切れ具合も相当な迫力・・・!キャスカの艶っぽさにはちょいと赤面です。

現実離れした一夜を過ごしました。

2013年2月 4日 (月)

空腹で海遊館へ

先日、海遊館へ行ってきました。

以前はいなかったのですが、イカの展示がありましたので

画像をアップします。

アオリイカだそうです。

イカは繊細なので、あまり水族館でお目にかかれません

自分の墨で窒息するほど繊細だそうです。

イカの泳ぎ姿は大好きです

201302171410000

イカは、前にも後ろにも自在に泳げます

イカの泳ぎすがたを見た事がある方は共感できるかと思いますが、

泳いでいる姿をみると

普段、頭っぽい三角の部分が、実は胴体であることが

納得できます。

そして「脚」は、長いくちびるのように見えてきます。

201302171415000

右側がアオリイカたちで、上部の細いのは太刀魚です。

いいコラボですね!!舌鼓を打ちながら鑑賞しました。

メインの大水槽にいた、クエの姿もアップしておきます。

201302171437000

精悍な顔つきがステキ。まるまる太って非常に魅力的です。

しゃくれ具合も上々です。

奥の方にうっすら居るのはジンベエザメです。

食材としては全く魅力ナシですね。

でっかいマンタもいましたが、興味が湧きませんでした。

イルカもペンギンもラッコも素通りです。

空腹を満たしてから海遊館に行くべきのようです。

2013年1月27日 (日)

湯たんぽの申し子

こんにちは。

今年もひそかにスノボに行こうともくろんでいます。

寒いのは嫌ですが、真っ白な雪をたまには見たいものです。

関西は、今年は雪が積もる日があるかな~。

雪ではないですが

雨雲が雨を降らすところを撮影できたので、

画像をアップしておきます

201208111624000

画面上部の分厚い雨雲から

地上までズ~ンと雨が伸びている様子と

まだ雨が降っていない所の、境目がはっきりと見えます。

201208111624001 

雨がおりてきているエリアでは、きっと何人かの主婦が

あわてて洗濯物を取り込んでいるはず。

画像撮影後しばらくして、こちらも雨が降り始めました。

【湯たんぽについて】

水つながり?で、

遅ればせながら、掲題の件。

この冬初めて「湯たんぽ」を購入・活用しています。

いままで一度も使用したことがありませんでしたが、

初★湯たんぽに関する個人的な感想をまとめてみました

【湯たんぽとの出逢い】

きっかけは

大日のイオン内にある、ジョー●ンという電気屋さんで、

なぜか湯たんぽが販売されており、

安価だったのでなんとなく出来心で、軽薄な気持ちで購入しました。

プラスチック製の、オレンジ色の湯たんぽです。

沸かした湯を入れてふたを閉め、布の袋に入れるという、普通のタイプです。

これが想像を超えて素晴らしい。

今まで、なにゆえ使ってなかったのか。

特に理由もなく避けて通ってきた30年の人生が悔やまれます。

というくらい、重宝してます。

それ以降、湯たんぽの申し子となり

会う人には湯たんぽの素晴らしさを口伝しています。

【エコな湯たんぽ】

先輩に、湯たんぽの湯を、朝の洗顔に使うとよい、と教えていただき

その名案も実行しています。

エコで暖かくて、乾燥しない。

まさに神器です。

【2リットル程度がベストと思う】

最初は、3リットル入る湯たんぽを購入しました。

神器は神器ですが

熱湯を3リットル沸かすのは、結構骨が折れる作業。

ティ●ァールで2度、湯をわかし、やかんでも湯をわかす。

「ほんとにエコか・・・?」という疑念も わきます。

そのため、2リットル強の湯たんぽに替えました。

これなら、ティ●ァールで湯をわかしている隙に

同時にやかんで湯をわかす、という作業で間に合います。

サイズも保温も、そこまで3リットルと遜色ありません。

【最後に・・・】

断じて湯たんぽ業者のまわしものではございません。

2013年1月26日 (土)

とんがらし飼育記

こんにちは。

突然ですが、辛いものが好きです。

今我が家で活躍している、唐辛子は

地味に自家製です。

うそです。正確に言うと、「実家」製です。

うちのは枯れて、実家に分けて持って行った分はすくすくと育ちました。

人徳の差でしょうか。

ひとまずここでは、日当たりの差のせいにしておきます。

昨年5月半ばに、唐辛子飼育キットを購入し、植えました。

201205172253000
土と種とが、缶に入ってます。

缶の底に穴があり、蓋を受け皿にして、缶の中で育てるというキット。

植えたらこまめに霧吹きで水をやります。

二週間ほどで、かわいい芽がでました。

201206020802000

ちょっととがった双葉です。

201206020802002

少し伸びたら、缶が手狭になったので鉢に植え替えをしました。

花が咲いたのが、9月。

これが唐辛子の花。白くてはかなげです。

201209160847000
花が咲くまで、3ヶ月以上かかりました。

花をつけた後はけっこう早く実がなりました。

201209160848000

思いのほか、ビシ!て並んでます。上向きに実るんです!

これを2週間ほどほったらかしにしとくと、真っ赤になります。

赤くなったら、収穫!

ミドリ様のくちばしくらいの色まで、あざやかに赤くなります

201301262206000

収穫したものは、ラップして冷凍保存。

トムヤンクン鍋に入れたり、パスタに入れたり。

特に種の部分もいれると、かなり辛い!

辛い物好きのかた、是非育ててみてくださいhappy02

今年は何を育てようかな~

2013年1月20日 (日)

年末年始の報告

年末年始は実家でのんびりすごしていました。

そのスキに、こんなものを作成しました
201301020007000
折り紙の恐竜です。
オトンが借りて来た折り紙ブックをもとに
せっせと作成しました
201301020006000
ステゴサウルスはオトン作。
プテラノドンはじめ他の恐竜はわたくしめが。
難易度の高い、オトナの折り紙です。
頭の体操になりますgoodボケ防止にどうぞ。
大阪光のルネサンスも観に行きました。
中之島で、エミレーツ航空が提供しているイルミネーションを拝見。
去年も見たのですが、かなり面白かった。
建物の形に合わせて光を当てる、3Dマッピングというらしい。
201212201953000
同じ建物でも、イルミネーションで違うイメージに
201212201952000
動きもあって見応えがあります
他のエリアもかなり綺麗なので
来年も行きたいな〜
201212202005000
201212201930000

2013年1月13日 (日)

天橋立(日帰り)

これまた昨年の話になってしまいますが、

日帰りで天橋立へ行って参りました
バス旅行です。
友人が、業務用スーパーでの抽選に当たったとかで
格安で行って参りましたhappy01
枚方出発で、
二時間程度で京都の天橋立に到着します。プチ旅行ですね〜
これは リフトで景勝地へ昇る様子。
201212161302000
スキーのリフトそのものでした。
自然のなかを生身で乗るので、非常に寒いですが
清々しい気分・・・
写メを撮る時あやうく携帯を落としそうになりました。
リフトで頂まで昇ると、天橋立が綺麗にみえます
201212161314000
松の林がヘビのように島と島をつないでいます。
松の種(松ぼっくり?)は、海水に強いらしく、
この林は人工でなく、自然にできたものらしいですね。
深い緑が渋いですね〜
「またのぞき」もして来ました。空翔る龍にみえるとか・・・
想像力が至らず、松林に見えました。
ガイドさんが、
「他人の股から覗かないでください、自分ので覗いてください」
と注意していたのがちょっと面白かったcatface

«タパスしゃぶしゃぶ